なぞなぞのこたえ

小学生のお友だちへ

なぞなぞ

おてがみをよんでくれてありがとうございます。
なぞなぞはとけましたか?
なぞなぞのくわしいこたえはこちらです。

1.歯には血管が通っている。

A.○
歯や歯茎にも栄養が必要なので、歯の中心部の「歯髄(しずい)」という部分には血管と神経が通っています。

2.口の中のばい菌は体の中で一番汚い。

A.○
起床直後の唾液1ccの細菌の数は糞便1gの10倍の量と言われます。「起きた後はうんこ10gの細菌がいる」と考えると分かりやすいでしょう。

3.力いっぱいこすると歯の汚れはよく落ちる。

A.☓
落としにくい汚れがあるとつい力を入れて磨いてしまいがちですが、そうすると歯ブラシの毛先が真っ直ぐ歯に当たりません。歯に垂直に歯ブラシを当てたとき毛先が広がらない程度の力で1本1本丁寧に磨きましょう!

4.毎日一生懸命歯磨きをしていれば虫歯はできない。

A.☓
歯磨きで虫歯の予防は出来ますが、どれだけ磨いてもかみ合わせや歯並びが悪かったり、甘いものを1日中食べたり飲んだりしていれば虫歯になってしまいます

5.徳川家康は入れ歯を使っていた。

A.○
家康が入れ歯を使っていたのは歴史書にも記載されています。この頃の入れ歯は「ツケの木」を削って作られていました。作っていたのは歯医者さんではなく、仏師(仏像を作る人)だったそうです。

6.ワニの歯は何回でも入れ替わる。

A.○
ワニは60~100本くらい同じ形の歯が生えていて、抜けてしまってもまた同じ歯が生えてきます。

7.歯の表面は鉄より固い。

A.○
物の固さを測る単位として「モース硬度」というものがあります。歯をモース硬度で表すと”7”です。これは、水晶とほぼ同じ硬さです。

1チョーク<2岩塩<3サンゴ<4鉄、真珠<5ガラス<6オパール<7人間の歯(エナメル質)<8エメナルド<9ルビー、サファイア<10ダイヤモンド  と言われています。ちなみに、歯医者で歯を削るときはダイヤモンドを使います。

8.イルカの歯の数は200本!

A.○
種類にもよりますが、上あごに100~120本、下あごにも100~120本と合わせると200本以上の歯があると確認されています。

9.ばい菌が一番増えるのは寝るときである。

A.○
就寝中は虫歯の原因菌であるミュータンス菌やその他のばい菌が増加します。その理由としては、唾液の量が減ることで口の中の細菌や食べ物の残りかすを洗い流す能力が低下するためです。寝る前はしっかり歯を磨きましょうね!

10.ペンギンには歯がない。

A.○
ペンギンには歯がありません。口の内部には、奥に向かってトゲ状になっていて、えさの魚を頭から丸のみします。