ファミリー歯科ブログ

2014年5月25日 日曜日

唾液の働きとは

博多区麦野の原田ファミリー歯科でございます。
今回は唾液についてのお話です。

唾液って汚いイメージがあるかもしれませんが、
・食物の消化を助ける
・口腔内の粘膜を保護する
・口腔内の細菌の増加を抑える
・汚れを洗い流してくれる(自浄作用)
・食後の口腔内を酸性から中性にもどす(緩衝能)
・食後の酸性の状態で溶け出した歯を再石灰化する
というように、様々な働きをしてくれる大事なものなのです。皆さんはお口の中が乾燥していることが多いと感じられていませんか?

唾液の量が少ないのは虫歯のリスクが高いので注意が必要です。なるべく分泌を促す為にお食事はよく噛んで下さいね。食後にキシリトールの飴やタブレットをなめるのも効果的です。

逆に注意しなければならないのは、よく噛まない、水で流し込むといった食事の仕方です。これは消化も悪いですよ!
また、普段から口を開ける癖がある方はすぐになおしましょう。口呼吸による乾燥はお子さんにも多いです。ご家族の方はよくみてあげてくださいね。


投稿者 原田ファミリー歯科