ファミリー歯科ブログ

2020.08.28更新


こんにちは☆
博多区麦野にある雑餉隈駅徒歩3分の
原田ファミリー歯科です^^


医療従事者の方へと
ソフトバンクホークスの
工藤監督から送っていただきました☆

鷹の祭典2020のレプリカユニフォームです。


ありがとうございます^^♪

スタッフと早速着てみました☆

イエローのカラーの意味は、
明るく前向きに進もうという決意を
表す意味があるそうです。

まだまだコロナウイルスの感染が
続いていますが、
原田ファミリー歯科でも
感染対策をし頑張りたいと思います!



pic20200828145000_1.jpg

投稿者: 原田ファミリー歯科

2020.08.27更新

こんばんは。博多区麦野、雑餉隈駅近く、南福岡駅近く、歯周病、虫歯、親知らずの抜歯、小児歯科、小児歯科矯正、矯正歯科、マウスピース矯正、一歳半検診、妊婦検診、女性スタッフのみの歯科、原田ファミリー歯科衛生士です^_^

今日は診療中にサプライズプレゼントが!!

ダイエーホークス様より若鷹2020のユニフォームが届きました。

医療従事者に感謝の気持ちを込めてとのこと。

とても嬉しかったです!!ダイエーホークス様ありがとうございます。

コロナウィルスの猛威、我々も歯科の分野でお役に立てたらと思い毎日診療しております。

お口の中は細菌が繁殖するのには1番いい環境です。お口の中の細菌を少なくするのは歯磨きとプロによるクリーニングです。

コロナウィルスに負けない口腔内をつくるのは私たちにおまかせください^_^


ダイエーホークス様からの粋なお届け者に感動した私と倉富先輩、訪問先の患者様がホークスのファンでもありますので今日はホークスユニフォームで訪問歯科に行ってまいりました^_^

今は大変な時期ですが
一丸となり頑張りまょう!!



pic20200827212218_1.jpg

投稿者: 原田ファミリー歯科

2020.08.14更新

こんにちは!
博多区麦野にある原田ファミリー歯科です。

最近は梅雨が明けて暑い日が続いていますね。
暑い日が続くと冷たいジュースやスポーツドリンクなどを飲みたくなりますよね。

しかし、ジュースやスポーツドリンクを取りすぎてしまうとペットボトル症候群を引き起こしてしまうかもしれません!

ペットボトル症候群とはジュースやスポーツドリンクなどの大量摂取を繰り返し行うことによって急性糖尿病を引き起こしてしまうものです。

また、ひどい場合意識が朦朧とし激痩せすることもあり、特に20代、30代と若い世代に発症しやすいとされています。

そして、大量のジュースやスポーツドリンクを飲んでいれば虫歯にもなり易くなり気づいた時には虫歯だらけだったということも少なくありません。

最近ジュースやスポーツドリンクばかり飲んでいる気がする…という方はお水やお茶に切り替えてみましょう!
特に緑茶には糖尿病予防効果のあるカテキンやカフェイン、フッ素など体に良いものがたくさん含まれているのでお勧めです!

まだまだ暑い日が続きますがこまめに水分補給をし、乗り越えていきましょう!

R

pic20200814113424_1.jpg

投稿者: 原田ファミリー歯科

2020.08.13更新


こんにちは。
博多区麦野にある原田ファミリー歯科です。


今日(13日)からお盆休みに入りました。
診療開始は17日月曜日からに
なります。
宜しくお願いします^^


コロナウィルスの影響で
通常6月に行われる予定の
学校や保育所での歯科検診が
延期になったり、
1歳半検診が個人で病院を
受診するような形になっています。

妊婦の方は特にお腹に赤ちゃんが
いるので、病院を受診することに
迷いを感じている方も
多いのではないでしょうか。

原田ファミリー歯科では
消毒、換気をつねに
行っています。
ぜひ安心して受診してください☆


歯茎から出血する、痛みがある、つわりで歯が磨けなかった、虫歯がある、しみるなどの様々な状態がある中での放置は危険です。

お腹の赤ちゃんにも影響があります。

お母さんの口腔内を清潔に
して安心して赤ちゃんを
迎えましょう(*^_^*)


当院は女医の院長先生なので
小さなお子さまからご年配の方まで安心して多く来院していただいています。


ぜひお待ちしております。





e

pic20200813072301_1.jpg

投稿者: 原田ファミリー歯科

2020.08.01更新


こんにちは。
博多区麦野にある原田ファミリー歯科です。


妊娠すると、ホルモンバランスの変化によって歯周病になりやすいということをご存知ですか?
実は、妊娠性歯肉炎という妊婦さん特有の病気があるほど、歯周病は妊娠とのつながりが強いのです。

始めは、ほんの小さな歯茎の腫れでも、放っておくと炎症がみるみる広がって、全身にさまざまな影響を与えることから、妊娠中といえでも、毎日のオーラルケアをしっかりと行って、歯周病を予防する必要があります。


妊娠中は、ホルモンバランスの変化だけでなく、つわりによる吐き気がひどくなることで、食生活が不規則になったり、歯磨きが不十分になったりして、結果的に歯肉炎のリスクが高くなるのです。
歯周病が進むと早産や低体重で産まれてくることもあります。



妊娠5ヶ月〜7ヶ月の安定期の間は
通常の歯科治療も可能です。


歯磨きを丁寧に行い、歯石を取ることをおすすめします☆


赤ちゃんが産まれてからも授乳や夜泣きでお母さんの身体は崩れがちになります。
妊娠前や妊娠中にケアをしっかり行い、赤ちゃんをむかえる準備をしましょう☆




pic20200801171721_1.jpg

投稿者: 原田ファミリー歯科

entryの検索

カテゴリ

  • 採用情報採用情報
  • ファミリー歯科ブログファミリー歯科ブログ
  • 院長ブログ院長ブログ
  • なぞなぞのこたえなぞなぞのこたえ
  • FUKUOKA SJCD SOCIETY OF JAPAN CLINICAL DENTISTRYFUKUOKA SJCD SOCIETY OF JAPAN CLINICAL DENTISTRY
  • FacebookFacebook
  • YouTubeYouTube
  • instagraminstagram
  • instagramassociation
092-581-8798