ファミリー歯科ブログ

2024.06.08更新

こんにちは。
博多区麦野、西鉄雑餉隈、桜並木駅付近にある女医の原田ファミリー歯科です。

口臭が気になる!という方はいませんか。
口臭には様々な原因があります。

*舌苔の増加
舌苔(ぜったい)とは、舌の表面に苔のように付着する白褐色の汚れのことです。
舌の表面に舌苔が増えることで、口臭がきつくなることがあります。
舌苔は単なる汚れではなく食べかすや口内の垢、細菌などさまざまな物質が溜まって増加します。
食後や就寝前の歯みがきが不十分な人や口呼吸が多い人、間食が多い人などは舌苔がつきやすいため注意が必要です。
舌苔は口臭だけでなく、味覚障害や誤嚥性肺炎の原因にもなります。

*口内環境の悪化・虫歯・歯周病
虫歯や歯周病といった口内環境の悪化も、口臭の原因のひとつです。
虫歯や歯周病は菌が口内で繁殖して起こる病気ですが、菌の繁殖によって同時に口臭も引き起こしてしまいます。
また、虫歯が進行すると歯の神経が腐敗したり、歯の根元に膿が溜まったりすることも。
この溜まった膿が、臭いの元になります。

虫歯や歯周病が原因の口臭は、歯科医院で治療してもらうことが大切です。


*扁桃腺炎などの病気
「扁桃腺」は細菌やウィルスが体内に侵入するのを防いでくれる役割がありますが、体調不良やストレスなどが原因で炎症を起こしやすい器官でもあります。
扁桃腺炎が慢性化すると、扁桃腺に膿がたまり口臭の原因になるので、扁桃腺の辺りに違和感がある人は病院に行くようにしましょう。

 

口臭

 

 

e

 

 

投稿者: 原田ファミリー歯科

2024.06.06更新

こんにちは。
博多区麦野、西鉄雑餉隈駅付近にある女医の原田ファミリー歯科です!

口腔機能が正しく発達していない子どもにはいくつかわかりやすいサインがあります。
その中でも最も顕著なのが口呼吸です。
口やあごまわりの筋肉が成長していないため、唇を閉じるのが苦手だからです。

本来、人の体は鼻で呼吸するようにできています。
鼻からのどへつながる鼻腔は、内部が短い毛と粘膜で覆われ、鼻から吸い込んだ空気に含まれる小さなゴミや細菌、ウイルス、化学物質が体内に入らないように護る役割をしています。
肺にきれいな空気を送り込む、いわば空気清浄機のような役割をしています!

ところが、口呼吸をしているとその役割をしてくれるものがありません。
細菌やウイルスなど空気中の異物を直接取り込んでしまい、感染症にかかりやすくなったり、化学物質によるアレルギーを起こしやすくなったりします。

また、鼻呼吸をしているときは、冷たく乾燥した空気が温められ、加湿されて肺に送り込まれますが、口呼吸ではフィルターの役割をするものがないために、乾いた冷たい空気がそのまま肺に入ってしまいます。
すると、肺の収縮が悪くなり呼吸が浅くなってしまうのです。
呼吸が浅いと体内に取り込む酸素が少なくなるので細胞まで十分な量が運ばれません。

そのため筋肉や臓器の機能低下や免疫力の低下にもつながってしまうのです。

就寝時も特徴的です。
呼吸が浅いために夜、何度も目を覚ましたり、いびきをかいたりして熟睡できてない子が目立ちます。
呼吸が浅くなる原因は、舌が下あご側に落ちた、低位舌(ていいぜつ)と呼ばれる状態になっています。
低位舌の子は、舌を下の前歯に押し付けるのがくせになっているからです。

舌が上あごについた正しい位置にあれば、のどに向かう気道が確保されて呼吸がしやすくなります。
しかし低位舌になっていると舌が気道を押しつぶすような状態となり鼻呼吸がしづらくなり、口で呼吸しようとしてしまうのです。

今は原田ファミリー歯科では
口腔内のトレーニングを様々おこなっております。
気になるかたはぜひお尋ねください。

 

舌

 

 

e

 

 

投稿者: 原田ファミリー歯科

最近のブログ記事

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

  • 採用情報採用情報
  • ファミリー歯科ブログファミリー歯科ブログ
  • 院長ブログ院長ブログ
  • なぞなぞのこたえなぞなぞのこたえ
  • FUKUOKA SJCD SOCIETY OF JAPAN CLINICAL DENTISTRYFUKUOKA SJCD SOCIETY OF JAPAN CLINICAL DENTISTRY
  • FacebookFacebook
  • YouTubeYouTube
  • instagraminstagram
  • 歯科医師会association
  • インタビュー記事バナーインタビュー記事バナー
  • トピックス記事バナー1トピックス記事バナー1
  • トピックス記事バナー2トピックス記事バナー2
092-581-8798