マウスピース矯正

マウスピースによる矯正治療とは?

その名の通り、マウスピース型の装置を着用して歯を動かしていく矯正方法です。
ワイヤーを使わないため、目立たず気づかれにくい特徴があります。さらに痛みもワイヤー矯正と比較して、ほとんどありません。(当院ではインビザラインという製品を取り扱っています。)
上下を矯正する(全顎治療)インビザラインと、部分的に矯正するインビザラインGOどちらも取り扱っています。
また、当院にはマウスピース矯正治療中のスタッフがいます。不明点や心配事などがあればお気軽にお声かけ下さい。

マウスピース矯正の特徴(メリット)

透明で目立たない

透明のマウスピースを装着するため、ワイヤーと違って目立つ心配がありません。

痛みが少ない

ワイヤー矯正と比較して、痛みを感じることがほとんどないです。

取り外しができる

食事の際は取り外すことが出来ます。
通常通りの歯磨きが出来るのでストレスがなく衛生的です。

金属アレルギーの心配がない

金属を使用していないため、アレルギーの心配はありません。

デメリット

長時間の着用

1日20時間以上着用する必要があるため、患者様本人の努力によって治療効果が左右されます。

症例によっては適さない場合がある

歯並びやお口の状態によっては、マウスピース矯正が難しい場合があります。
その際は、ワイヤー矯正や他の治療法をご提案します。

治療の流れ

STEP1カウンセリング

歯並びのお悩みや治療に関する説明を行います。
矯正治療は期間と費用がかかりますので、患者さまのご要望に合わせてしっかりご説明させて頂きます。

STEP2シミュレーション

マウスピース矯正治療の場合、口腔内スキャナー(iTero)を使用すれば治療前と治療後の歯並びのシミュレーションをすることが出来ます。
口腔内スキャナ(iTero)を使用することで、従来のようにお口の中に粘土のようなものを流し込み、歯型をとるという方法ではありませんので、患者様の負担も少なく、安心して矯正治療を受けることが出来ます。

STEP3精密検査、診断

お顔やお口の中の写真やレントゲンを撮影します。
患者様の口腔内や歯並びの状態によってはCT撮影など、精密な検査をさせて頂く場合があります。

STEP4マウスピース作成

口腔内スキャナーで撮影した歯型の情報をマウスピース製作会社に送ります。
シミュレーションされたデータをチェックしマウスピースを作成していきます。
症例にもよりますが1か月前後で製作されたマウスピースが医院に届きます。

STEP5治療開始

マウスピースの使い方や、注意事項などを説明します。
装着時間や交換期間は必ず守ってください。
※患者様によって治療期間やマウスピースの枚数は異なります。

STEP6治療終了、保定期間

矯正治療後は後戻りを防ぐために必ず保定期間が必要です。
歯並びが綺麗になったと思いそのまま放置してしまうと、後戻りする可能性があります。

料金について

※下記価格は全て税込み表記です。
※症例により、対応できるマウスピースが異なる場合がありますのでまずはお気軽にご相談ください。

インビザライン

検査・診断料
(模型、レントゲン、顔・口の写真および総合診断料)
¥55,000
インビザライン ¥880,000

処置・観察料
(装置装着後、来院ごとの処置料)

¥5,500

インビザラインGO

部分的に矯正をする場合のインビザラインです。

検査・診断料
(模型、レントゲン、顔・口の写真および総合診断料)

¥33,000

インビザラインGO ¥462,000

処置・観察料
(装置装着後、来院ごとの処置料)

¥5,500

インビザラインファースト

小児矯正用のインビザラインです。(一般的に6~10歳のお子さまが対象となります)

検査・診断料
(模型、レントゲン、顔・口の写真および総合診断料)

¥55,000

インビザラインファースト ¥440,000

処置・観察料
(装置装着後、来院ごとの処置料)

¥3,300
  • 採用情報採用情報
  • ファミリー歯科ブログファミリー歯科ブログ
  • 院長ブログ院長ブログ
  • なぞなぞのこたえなぞなぞのこたえ
  • FUKUOKA SJCD SOCIETY OF JAPAN CLINICAL DENTISTRYFUKUOKA SJCD SOCIETY OF JAPAN CLINICAL DENTISTRY
  • FacebookFacebook
  • YouTubeYouTube
  • instagraminstagram
  • instagramassociation
092-581-8798