歯周病治療

歯周病とは

歯の表面に付着した歯垢や歯石から歯周病菌が発生することで炎症が起き、歯を支える歯槽骨を溶かしていく病気です。重症化した場合は、歯が抜け落ちてしまうこともあります。
歯周病は自覚症状がほとんどないため、気付いたときには重症化して手遅れになってしまっていることが多く、サイレントキラー(静かな殺し屋)とも呼ばれています。

歯周病と全身疾患との関係

歯周病はお口の中を蝕むだけではなく、さまざまな病気と関連していることがわかってきています。歯周ポケット内でつくられる内毒素(歯周病菌)は、直接血流に入り込み、全身に回ってさまざまな悪影響を及ぼします。
それぞれの病気と歯周病の関係は、関与の程度に違いはありますが、お口の中を清潔に保つことが、全身の健康においても重要であることは明らかです。

歯周病と関連している病気

メタボリックシンドローム(糖尿病・肥満・高血圧・高脂血症)
脳血管疾患・心臓疾患
骨粗しょう症
妊娠トラブル
誤嚥性肺炎
ピロリ菌感染胃疾患
関節炎・腎炎
皮膚疾患

歯周病の原因

もともと持っている歯周病菌の数が多いこと、ブラッシング不足、歯並びや咬み合わせの問題などが、歯周病を引き起こすリスクになります。歯ぎしりや口呼吸などの癖、食生活や喫煙などの生活習慣も関係しています。また、糖尿病になると細菌に対する抵抗力が弱まり、歯周病が悪化するケースもあります。

症状について

歯ぐきが腫れる
歯ぐきから血が出る
口の中がネバネバする
口臭がする
歯ぐきが下がって歯が長く見える
歯と歯の間に隙間ができて、ものが詰まりやすい
歯がグラグラする

以上の症状に1つでも当てはまることがあれば、歯周病の可能性があります。
早めにご相談ください。

歯周病の進行

①健康な歯ぐき

歯ぐきはきれいなピンク色をしており、引き締まっています。歯磨きをしても出血がありません。

②歯肉炎

歯ぐきが少し赤くなったり、ときどき血が出たりします。
歯垢や歯石が原因で、歯ぐきに炎症が起こっている状態です。

③軽度の歯周病

歯ぐきが腫れて、歯周ポケット(歯と歯ぐきの隙間)が深くなります。
歯周ポケットの中で細菌が増えて膿を出したり、歯を支えている歯槽骨を溶かし始めます。

④中度の歯周病

口臭や膿が気になったり、ものが噛みにくかったり、ときどき腫れて痛みが出ます。
骨が溶けて下がり、歯の根の周りまで炎症が進んだ状態です。

⑤重度の歯周病

歯がグラグラする、噛むと痛いなどの症状が出ます。
炎症がさらに進んだ状態で、放置しておくと歯が抜け落ちます。

治療方法について

当院院長は、大学病院にて歯周病を専門とした治療(外科手術含む)の経験を積んでおりますので、安心して治療を受けていただけます。
歯槽骨が溶けて少なくなっている場合は、骨の「再生医療」も行っています。
※状態によっては適応できない場合もあります。

すべての歯周病治療において、治療の基本となる「ブラッシング指導」を行っています。
さまざまな歯ブラシを揃えておりますので、ご希望に応じて患者さまに最適な歯ブラシを処方いたします。

①お口の状態・歯周ポケットの検査

歯と歯ぐきの間にできる隙間の深さ(歯周ポケット)を測定します。
通常4mm以上から歯周病と診断されます。

レントゲンや位相差顕微鏡を使って検査を行い、歯や歯槽骨の状態や歯周病菌の数などを調べます。

②歯の表面のスケーリング

医療スタッフが専用の器具を使用し、歯垢・歯石取りを行います。

③歯ぐきの中をスケーリング

歯ぐきの中まで汚れがたまっている場合は、麻酔をかけて歯ぐきの中の歯石を除去します。

④外科的手術によるクリーニング

歯がグラグラするほど悪化している場合は、外科的手術により、歯周ポケット内にたまった歯石や悪い歯肉を取り除きます。

  • 採用情報採用情報
  • ファミリー歯科ブログファミリー歯科ブログ
  • 院長ブログ院長ブログ
  • なぞなぞのこたえなぞなぞのこたえ
  • FUKUOKA SJCD SOCIETY OF JAPAN CLINICAL DENTISTRYFUKUOKA SJCD SOCIETY OF JAPAN CLINICAL DENTISTRY
  • FacebookFacebook
  • YouTubeYouTube
  • instagraminstagram
092-581-8798