ホーム > 歯周病治療・予防歯科

歯周病治療・予防歯科

「歯周病」とは?

「歯周病」とは?

歯の表面に付着した歯垢や歯石から歯周病菌が発生することで炎症が起き、歯を支える歯槽骨を溶かしていく病気です。重症化した場合は、歯が抜け落ちることもあります。

歯周病 セルフチェック

歯周病 セルフチェック
  • 歯ぐきが腫れる
  • 歯や歯ぐきから出血する
  • 口の中がネバネバする
  • 口臭がする
  • 歯ぐきが下がって歯が長く見える
  • 歯と歯の間に隙間ができて、ものが詰まりやすくなった
  • 歯がグラグラする

以上の症状に1つでも当てはまることがあれば、歯周病の可能性があります。
早めにご相談ください。

歯周病の進行は?

健康な歯ぐき

歯ぐきがきれいなピンク色で引き締まっています。歯磨きをしても出血がありません。

歯肉炎

歯ぐきが少し赤くなったり、時々血が出たりします。
歯垢や歯石が原因で、歯ぐきに炎症が起こっている状態です。

軽度歯周炎

歯ぐきが腫れて、歯周ポケット(歯と歯ぐきの隙間)が深くなります。
歯周ポケットの中で細菌が増えて膿を出したり、歯を支えている歯ぐきや歯を溶かし始めます。

中度歯周病

口臭や膿が気になったり、ものが噛みにくかったり、時々腫れて痛みが出ます。
骨が溶けて下がり、歯の根の周りまで炎症が進んだ状態です。

重度歯周炎

歯がグラグラする、噛むと痛いなどの症状が出ます。
炎症がさらに進んだ状態で、放置しておくと歯が抜け落ちます。

歯周病の治療は?

歯と歯ぐきの間にできる隙間の深さ(歯周ポケット)を測定し、通常3㎜以上から歯周病と診断されます 歯周ポケット検査・レントゲン検査など

歯と歯ぐきの間にできる隙間の深さ(歯周ポケット)を測定し、通常3㎜以上から歯周病と診断されます。

医療スタッフによる、専用の器具を使用した歯垢・歯石取りを行います 歯の表面のスケーリング

医療スタッフによる、専用の器具を使用した歯垢・歯石取りを行います。

歯ぐきの中まで汚れがたまっている場合は、麻酔をかけて歯ぐきの中をきれいにします 歯ぐきの中をスケーリング

歯ぐきの中まで汚れがたまっている場合は、麻酔をかけて歯ぐきの中をきれいにします。

歯がグラグラするほど悪化している場合は、外科的手術により歯ぐきを開き、歯根にたまった汚れや悪い歯肉を取り除きます 外科的手術によるクリーニング

歯がグラグラするほど悪化している場合は、外科的手術により歯ぐきを開き、歯根にたまった汚れや悪い歯肉を取り除きます。

  • 当院院長は、大学病院にて歯周病を専門とした治療(外科手術含む)の経験を積んでおりますので、安心して治療を受けていただけます。
  • 歯槽骨が溶けて少なくなっている場合の、骨の「再生医療」も行っています。※状態によっては適応できない場合もあります。
  • 全ての歯周病治療においては、治療の基本となる「ブラッシング指導」を行っています。

歯周病を予防するには?

毎日の正しいブラッシング

当院では、正しいブラッシング方法をアドバイスしております。

定期的なメンテナンス

お口全体の状態をチェックし、歯垢や歯石を取るクリーニング(PMTC)などを行うことで、歯周病を予防できます。
個人差はありますが、3ヶ月に1度の来院が目安です。

PMTC(プロの手によるクリーニング)
PMTC(プロの手によるクリーニング)

医療スタッフが、専用の器具を使って歯の表面に付着した歯垢や歯石、汚れをクリーニングします。
歯の表面がツルツルになるので、汚れが付着しにくくなるほか、仕上げのフッ素塗布によって虫歯予防効果が高まり、歯本来の白さに近づきます。