一般歯科・予防

虫歯治療

虫歯の原因

毎日のブラッシング不足をはじめ、歯並びや咬み合わせの悪さ、歯ぎしりなど、虫歯を誘発する原因はいろいろあります。
虫歯は細菌の感染によって起こるため、もともと口の中の細菌の数が多い方は虫歯になりやすくなります。
また、甘いものを食べる機会の多い方や、朝晩の時間が逆転するような職業の方、生活習慣が不規則な方も虫歯になりやすい傾向があります。

虫歯の症状
  • 歯に痛みを感じる
  • 冷たいものが歯にしみる
  • 熱いものが歯にしみる
  • 歯ぐきが腫れる
  • 歯の表面が茶色くなる
  • 歯が欠けている

当院の虫歯治療方法

患者さまの負担が少ない快適な治療を目指す

原田ファミリー歯科では、患者さまに快適に治療を受けていただけるよう、できるだけ「痛みの少ない」診療を心掛けています。たとえば、痛みを感じることの多い麻酔も、針を使わず塗布するタイプの表面麻酔を行い、それが効いてから麻酔液をゆっくり2回に分けて注射していきます。
また、歯の状態によっては、抜歯や歯を削ることは避けられないこともありますが、できるだけ天然歯を残すために、「抜かない・削らない」治療を心掛けています。

虫歯1本からお口全体を診る

虫歯があった場合、その部分だけを治療するのではなく、虫歯になった原因についてもしっかり診ていきます。虫歯の原因は、咬み合わせや歯周病にある場合も多いので、根本的な治療を併せて行うことにより、再発や周辺の歯への悪影響を抑えることができます。
明らかに咬み合わせによって悪影響を及ぼしている場合は、矯正治療をおすすめしたり、歯ぎしりが原因になっている場合には、マウスピースによる治療をおすすめしたりすることもあります。

カウンセリングを丁寧に行う

特に初診や間を空けて再来院した患者さまには、「現在のお口の状態」をわかっていただくために、時間を惜しまないカウンセリングを行っています。
治療に関する不明点や不安点などがありましたら、遠慮なくご相談ください。
患者さまのご希望に沿った治療法を一緒に考え、ご提案いたします。

マウスピースによる顎関節症治療について

顎関節症とは、顎の関節の疾患です。
顎が痛い、口が開きにくい、口を開けるときに音がするなどの症状があります。
当院ではマウスピースによる治療を行っております。マウスピースの使用によって、顎関節の負担を軽減し、バランスを整えていきます。
外科手術が必要な場合には、適切な医療機関をご紹介いたします。

妊娠されている方へ

出産や育児の経験をしているスタッフが多数在籍しております。
経験をしているスタッフだからこそわかる、妊娠中のつらさやストレス。
原田ファミリー歯科では、少しでもリラックスして頂けるような環境作りに取り組んでいます。

オリジナル冊子

当院オリジナルの「赤ちゃんのためにできること」という冊子をプレゼントしております。
出産前にお口の中をきれいにしておくことは、赤ちゃんの虫歯を予防することにもつながるため、妊娠中にしっかり口腔内のケアをしておくことが大切です。

サポートクッション

妊婦さんがリラックスして治療を受けていただけるよう、妊婦さん用のクッションを用意しています。

妊婦さんならではのブラッシング指導

妊娠中は精神的にも身体的にも変化が大きく、不安を抱えやすい時期です。
つわりがひどくて歯磨きができないという妊婦さんには、妊婦さんご本人の体調に合わせたブラッシング指導を行っています。

妊娠中の変化と赤ちゃんへの影響

ホルモンバランスの関係で、お口の中にも変化が起こりやすく、唾液の量が減って口の中がネバネバしたり、虫歯や歯周病になりやすくなったり、歯ぐきから血が出やすくなる方も多く、不快な症状を感じることも多いでしょう。

出産後すぐに歯の治療をすることは難しいため、妊娠中にしっかりケアをしておくことが大切です。
クリーニングを受けることで、ブラッシングだけでは除去できない汚れを落とすことができ、お口の中もさっぱりします。
早めに必要な処置をしておけば、出産前後に急な歯の痛みなどを起こす心配もありません。

妊婦歯科健診

原田ファミリー歯科は「妊婦歯科健診」の指定歯科医院です。
妊婦さんの健診はもちろん、必要であれば通院中の産婦人科との情報共有もしながら、妊婦さんのお口の健康をお守りします。
当院のスタッフは出産・子育て経験者も多く、妊婦さんの立場に立った優しい対応を心掛けております。気になることがあれば、どんなことでもお気軽にお声かけください。

母子手帳を持ってお越しいただければ、無料で健診を受けることができます。その後、引き続き治療に移行した場合は、初診料が無料になります。
特に目立った症状がない場合でも、ご自身の健康を保つため、生まれてくる赤ちゃんを虫歯から守るためにも、妊娠中に健診を受けておきましょう。

予防歯科

予防、定期検診の大切さについて

虫歯や歯周病は、残念ながら自然に治癒することはなく、治療をしたとしても本来の健康な歯に戻ることはありません。症状が進行すればするほど、治療には苦痛を伴い、お金や時間もかかってしまいます。
お口の健康を守るためには、普段から予防に努めることが何よりも大切です。
毎日のブラッシングはもちろんのこと、歯ブラシでは取れない歯石を歯科医院で除去するなど、虫歯や歯周病にならないためのケアを続ける必要があります。

お口には食べる機能を支える重要な役割があり、お口の健康は全身の健康にもつながります。
特に歯周病は自覚症状がないまま悪化していることが多く、歯を失うだけではなく、糖尿病や心疾患など全身疾患のリスクにもなります。
歯科医院は、何かあったときではなく、何も症状がないときに定期的に通うのが一番賢い利用法です。

定期検診の内容

一般的には、3カ月ごとにご来院いただき検診を行っています。
月1回~半年に1回など、期間は患者さまのお口の状態によって変わります。
来院時に次のご予約をいただきます。定期健診の日は忘れがちなので、ご予約日が近くなったら、ハガキやお電話で確認をさせていただいております。

お口の中のチェック

歯と歯ぐきの状態をチェックし、虫歯や歯周病がないかなどを診ていきます。
ブラッシングだけでは落とせない歯石を取ります。
治療の必要があるときは、次回から治療に入ります。定期検診を受けていると、虫歯になっても早期に発見でき、短い期間で治療を終えることができます。

ブラッシング指導

お口の健康を保つためには、毎日のブラッシングが大切です。
当院では正しいブラッシング方法や、患者さまに合った歯ブラシや補助道具をアドバイスしております。

PMTC(プロの手によるクリーニング)

医療スタッフが、専用の器具を使って歯の表面に付着した歯垢や歯石、ヤニなどの汚れをクリーニングします。
また目には見えない細菌叢(多種多様な細菌の集り)も分解し、お口の中で増殖した細菌の数を大幅に減らすことができます。
歯の表面がツルツルになるので、汚れが付着しにくくなるほか、仕上げのフッ素塗布によって虫歯予防効果が高まり、歯本来の白さに近づきます。
(PMTCは保険適用外になります)

  • 採用情報採用情報
  • ファミリー歯科ブログファミリー歯科ブログ
  • 院長ブログ院長ブログ
  • なぞなぞのこたえなぞなぞのこたえ
  • FUKUOKA SJCD SOCIETY OF JAPAN CLINICAL DENTISTRYFUKUOKA SJCD SOCIETY OF JAPAN CLINICAL DENTISTRY
  • FacebookFacebook
  • YouTubeYouTube
  • instagraminstagram
092-581-8798