ファミリー歯科ブログ

2016年4月20日 水曜日

災害時口腔ケアの必要性。


災害時口腔ケアの必要性

Protect your mouth, Protect your health

口の中の汚れは肺炎の原因になります。

水道の完全復旧にはもうしばらく時間がかかるかもしれません。

水不足による口腔清掃不良が生じます。

口の中の菌が増え、これらを誤嚥すると肺炎を生じる可能性があります。


阪神淡路大震災の時は200名の方が、口の中の細菌が原因で誤嚥性肺炎になったと言われています。


高齢者

人前で義歯を外すことに抵抗がある事が多く、汚れた多数の菌が付着したままの義歯を長期間装着することで誤嚥性肺炎を生じる可能性が高まります。

震災時に義歯を紛失したりすると、御飯を食べる能力が下がって低栄養状態になると体の抵抗力も下がってしまいます。
読み込み中…


子どもたち

定期的な食事が取れないとお菓子やチョコレートを食べることが多くなるかもしれません。

歯磨きが出来なければ虫歯がたくさん出来てしまいます。

極力定期的に食べさせるようにして、食後は必ず歯磨きをしましょう。保護者の方が観察しながら、一緒に歯磨きすると効果的です。

近くの子どもさんも一緒に歯磨きさせてあげて、歯磨き友達を作りましょう。
避難生活は大変かと思いますが、

普段通り、一日2,3回、特に食後や眠前の歯磨きをするよう心がけてください。歯ブラシがなければ、ティッシュやタオルで歯や歯ぐきをぬぐうのも効果があります。

近くの人に声を掛けながら一緒にブラッシングしましょう。



歯の磨き方

•歯ブラシ1つとコップと30mlの水を準備します。

•コップの中に少量の水を入れ、ブラシを濡らし、歯磨きを行います。

•途中、歯磨きが汚れたら、タオルなどで拭いてください。

•歯磨きが終わったら、コップの中の水を捨て、残りの水でうがいをします。

唾液分泌を刺激することも大切です。

•唾液には口の中に貯まった細菌を洗い流す作用もあります。

•唾液分泌を刺激するために、顎の下や耳の下をマッサージしてください。

•うがいをしたり、ガムを噛んだりすることも効果的です。


投稿者 原田ファミリー歯科